ちょっぴり時季外れだけど、このヴァカンスはとっておき!

NEWS

  • 公式webサイトを公開しました。

INTRODUCTION

都会の喧騒から遠く離れて、
水辺の街で 1 週間のヴァカンス――
海に行き、靴を買い、恋をする?


水辺の街で過ごす爽やかで、ちょっと不思議な、新しいヴァカンス映画。
喫茶店で、海辺や湖畔で、家の庭でだらだらとおしゃべり。
街中で知り合いにばったり会っ ちゃってまたおしゃべり。
少し長い休暇を田舎の古民家でゆったり過ごす。
もしかしたらち ょっとした事件があるかも――

風光明媚な島根県オールロケで
日本発のヴァカンス映画を監督したのは、
本作が劇場デビュー作となる永岡俊幸。
主演はモデルとして活躍し、「愛の小さな歴史誰でもない恋人たちの風景vol.1」
などで女優としてもいま注目を集めている瀬戸かほ。
そして、街で出会う人々 を個性豊かな俳優陣が演じる。
1970年代の日活映画で活躍した伝説の女優・小川節子の約 45年ぶりの復帰作となる。
主題歌「まどろみ」は、島根県出身のシンガーソングライター・山根万理奈による書下ろし曲。

MOVIE

STORY

東京生まれ東京育ちの絵里は、ストレスが溜まる都会での生活を抜け出して、
地方の水辺の街でヴァカンスを過ごすことに。
亡くなった祖母の古民家で暮らす一週間の中で、絵里はその街で生きている人々と交流する。
建築家の従兄とそのフィアンセ、大学生の従妹、靴職人、古墳研究者、バックパッカーなど、一癖ある人ばかり。
そんな出会いと祖母の遺したものたちが
絵里を少しだけ変えていく――